在宅ライターは副業に最適!初心者が始めるときに知っておきたいこと

お仕事

どうも。猫のくにから来た女です。

「本業収入が少ないから初心者でも家でできる副業がしたい」
「在宅ライターは誰でも出来そうだし、家で完結できて自由でいいな」

そのように考える人が増えてますよね。

在宅ライターを副業にしたいけれど、未経験だから自分には無理かもと躊躇していませんか?

初心者が在宅ライター目指すなら、以下の理由から早めの行動が大切ですよ。

  • AI化などで職を失う人が増え、在宅ライター競争の激化が予想される
  • 本業の収入が不足し副業が当たり前になる(副業そのものの競争が激化)
  • ライター副業で安定するまでに時間がかかる(テストライティングから始まる)

これらを元に、在宅ライター初心者さんに向けて伝えたいことをまとめました!

在宅ライター初心者の副業はクラウドワークスでチェックしよう

在宅ライター初心者の副業はクラウドワークスでチェックしよう

在宅ライターを初心者が副業にしたいなら、クラウドソーシングサイトへの登録がおすすめです。

案件数や使いやすさ、信用度の高さなどから、わたしはクラウドワークスを利用しています。

いきなり登録して大丈夫!?なんて心配はご無用。在宅ライターは初心者にも敷居が高くない副業ですよ。

以下のような条件が揃えば、誰でも応募できますよ!

  • 日本語の読み書きができてPC操作ができる
  • 中学生が読んでもわかるレベルの文章が書ける

PCは在宅ライターの仕事に欠かせないツールのため、(スマホのみで出来る仕事はまだ少ない)

PCスキルは高ければ高いほど有利ですよ。(わたしはあまり高くないのでたまに苦戦します)

文章力は専門用語バリバリの文章よりも、読み手にわかりやすく書けることが求められます。

 

タスク形式の案件なら応募不要でチャレンジ可能だよ。

 



在宅ライター初心者の副業は激安テストライティングから始まる

在宅ライターの副業は単価激安テストライティングから始まる

在宅ライターを副業にするぞ!と意気込んでも、初心者がすぐ仕事をゲットできるわけではありません。

クライアント側は自分のコンセプトに合った仕事ができるライターを探しているので、

本採用前の『テストライティング』に合格してから正規採用になるパターンがほとんどです。

さらに以下のような点に注意しましょう。

  • テストライティングの文字単価は正規の値段よりも安い(1文字0.1~0.4円など)
  • テストライティングに合格しても数本~数10本までは記事単価が安い場合がある
  • テストライティング0円の案件も存在する!!

文字単価1円で5000文字5000円だと喜んでたら、テストライティング300円、最初の20本まで文字単価0.5円だったなどのケースは多くありますよ!

 

こりゃ、数こなさねば稼ぐまでに時間がかかるな。

 



在宅ライター初心者の副業でもテストライティング報酬0円は避けて!!

テストライティングの必要があるのは、初心者ライターだけではありません。

ライター経験のある人がスカウトされた仕事であっても、テストライティングを要求される案件は多々あります。

だけど『テストライティング報酬ゼロ円の仕事は引き受けない』ことをおすすめします!

ライティング仕事は思う以上にリサーチに時間がかかる仕事。

たとえテストライティングであっても仕事は仕事ですから、報酬はいただくべきです。

副業で在宅ライターを頑張ると決めたなら、テストライティングに報酬を出しているクライアントを選びましょう。

 

ライティング報酬を手にすると在宅ライターとしてのモチベ上がるよ!

在宅ライターを副業にするならクライアントは1つに絞らないで

在宅ライターを副業にするならクライアントは1つに絞らないで

在宅ライターの副業は思っている以上に収入が不安定です。

クライアントは1つに絞らないことをおすすめします。

条件の良いクライアントを見つけても、そこだけに安住すると失敗する恐れがあるのです。

  • ネットの世界ではいつクライアントのコンテンツが終了するかわからない
  • 大手で案件数が多い場合、検収から納品完了まで異様に時間がかかるケースがある
  • 文字単価が高くても条件と違う仕事量を求められ作業に時間がかかるケースもある

コンテンツ終了はイコール収入が断たれてしまうことになります。

また1から求人を探し、テストライティングからのリスタートをしなければなりません。

 

リスク分散のためにもクライアントは2~3人いるといいよね

在宅ライターを副業にすると最初の数か月は目標金額達成はまず無理

初心者で在宅ライターを目指す場合、多くの人が

「月5万円以上は稼ぎたい」
「(主婦の場合だと)夫の扶養を越えない範囲で働きたい」

など目標があると思います。

それらは通常のアルバイトやパートではあっさりクリアできますが、

在宅ライターの場合数か月は目標金額到達は難しく、なによりその状態をキープするのも難しいという現実を知っておく必要があります☟☟

  • 激安テストライティングや試用期間価格が設定されている
  • 記事を書いてすぐに納品完了とはならない(初心者は特に)
  • 求人どおりにいつも作業案件があるとは限らない

 これらの理由から早い人で2~3ヵ月、人によっては半年以上も目標金額に到達できない・一定収入が保てない可能性があるのです。

 

月収1~2万円の時期もあったよ。あせらず積み重ねていくことが大事。

 

まとめ

在宅ライターを副業にしたい初心者さんに向けて、どのように案件を探して仕事すれば良いかを含め、伝えたいことを解説しました。

簡単にまとめると以下の通りです。

  • 在宅の副業を探している人は日に日に増加中。早めのチャレンジを!
  • 初心者が在宅ライター案件を探すならCrowdWorks(クラウドワークス)
  • 激安テストライティング・試用期間安価記事に取り組んで乗り越えよう
  • いきなり目標金額を稼ぐのは難しい
  • 複数のクライアントと契約してリスクを減らそう
  • 実績を積み重ねよう

なんだか思ったより大変そう…と感じた人もいるかもしれません。

いまや在宅仕事の副業は珍しくなくなっています。

副業初心者なら在宅ライターにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

本業の収入だけでは足りないけどWワークも時間的・物理的に難しい!

という人はぜひ、スキマ時間や週末・夜間を利用した在宅ライターを始めてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました