断捨離に行き詰ったのでNPO通じて寄付してみたら一気に解決した話

お金

どうも。猫のくにから来た女です。

要らないモノを処分したい思いがここ数年ムクムク盛り上がり、

断捨離を繰り返す日々を送っておりました。

しかし「売れるモノは売ってお金に換えたい」

というケチ根性が根深くあり、実際にはモノがなかなか減らない

悪循環にも悩んでいたのです。

そこでわたしがとった行動は「寄付」

おかげで一気に片付いてメンタルにも好影響だったので紹介します!

断捨離には勢いとエネルギーが必要!

断捨離には勢いとエネルギーが必要!

断捨離ってものすごいエネルギー要りませんか?

必要か不要か、ときめくかときめかないか…

考える元気がないと無理ですよね。

わたしはそのエネルギーが年々減少していて、

「このままのペースで行ったらモノが減らせないかも」

という危機感に襲われました。

家族の物をどうするか、収納はどうするか…

 

断捨離しているといろいろな思いが湧いてきて行動できない

ウチの場合、思い切って「エイヤッ!」と捨てやすい環境下にはあるのです。

マンション敷地内にゴミ専用置場(屋根付き・ドア付き)があり、

他の部屋の方も大々的にモノを処分する姿などを見かける環境にあります。

その一方で管理人さんから、

「ゴミ収集の方に”このマンションのゴミ出しは最悪”と言われたの…」

と聞かされたりして、

捨てる人やゴミ処理作業する方の苦労を考えると

「むやみに捨てられないなぁ」

などと気になってしまったりも…。

そんなこんなで捨てられないでいるうちに、

「また着るかも、メルカリで売れるかも…」と

保留状態が延長されてしまうのです。

断捨離イコール捨てること?罪悪感にさいなまれる

断捨離イコール捨てること?罪悪感にさいなまれる

また、思い切ってゴミ集積場まで持って行けたとしても…

「これ誕生日にプレゼントでいただいたものだった」
「結構高かったのにお金の無駄遣いだったなぁ」

などという罪悪感がらみの品も結構あるのです。

罪悪感に包まれてモヤモヤ。

おもちゃや子供服などは近所の子育てサロンに持って行ったこともありますが、

コロナの影響で集まりが自粛されるなどで持って行けず貯まる一方。

着ない服や使わないおもちゃにスペースを取られているのは結構なストレスでもあります。

 

断捨離グッズたちを無料で引き取ってもらう方法

断捨離グッズたちを無料で引き取ってもらう方法

 

持って行く手間・フリマなどに出品する手間、送料の負担など、

断捨離グッズを手放そうとすると結構めんどくさいのが現実です。

しかし、引き取りに来てくれて、しかも送料無料、送るための段ボールやら、

宅配伝票やらまでカバーしてくれるところもあります!

それは「買取王子」が代表的ですね。

  • 決められたジャンル(おもちゃや本など)に当てはまる処分品
  • 段ボールの無料サービスがある
  • 送り状もサービスで住所など印字されている

つまり、「箱に詰めて送るだけ」「無料で不要品の処分ができる」

査定してくれて数百円~数万円の買取価格になる。

査定額はかなりお安い方だと思うので、

「買取価格に関係なく、とにかく無料でモノを処分したいの!」

という方におすすめします。

 

買取王子は基準の買取価格を満たさないと次回から発送できなくなる!?

わたしは2回ほど買取王子で段ボールも伝票もいただいて、家にあるレゴブロックなど、

比較的状態の良いおもちゃ類を処分しています。

しかし、その買取価格は激安…

それでも「ゼロ円で不要品を処分できたのだからOK」

という満足感はありました。

今回寄付という処分方法を取る前に再び「買取王子」に申し込もうとしましたが、

残念ながら申し込みできませんでした。

どうやら前回分の売り上げが千円以下だったのが理由のようです。

何かお困りですか?という自動メール来てたけどね

 

断捨離生活にピリオドを打つためには「確実」な処分方法が吉

売れるまで在庫を部屋に置かなければならなかったり、

条件を満たさない商品は受け付けてもらえなかったりする場合、

断捨離はスムーズに進みません。

そのため、こちらから送料をきちんと支払って、

「受け取っていただく」

というスタンスの寄付がおすすめなのです。

段ボールは自分で用意するのが決まりですが、

申し込み後は住所などが印字してある送り伝票がもらえるので貼るだけ。

希望日を入力して申し込めば、宅配業者が引き取りに来るので、

数日で大量の不要品が家から消えるのです。

 

売買じゃないので基本トラブルも無し。

 

 

ワールドギフトというNPOに洋服やおもちゃを寄付してみた

今回寄付に挑戦したのは「ワールドギフト」さん。

NPO法人であり、ホームページの内容をチェックして「ちゃんとしてそうだな」

と思ったから。

TwitterなどのSNSでもワールドギフトを利用して寄付を行った人のツイートも多く、

安心して手続きできました。

もちろん相手あってのことですから、送るものの汚れを取り除き、

安全性もチェックしてから送るのがマナーです。

 

お金を払って不要品を送る寄付で得られるメリットが大きすぎる

お金を払って不要品を送る寄付で得られるメリットが大きすぎる

ワールドギフト内でわたしが選択した方法は不要品(衣類・おもちゃ・日用品など)

を現物寄付するという方法ですが、もちろん現金の寄付も受け付けています。

ここでは断捨離を兼ねた寄付なので、

1箱2900円のコースで3箱に詰めて処分しました。

8700円支払って不要品を処分することになりますが、

送料負担を考えれば、高いとは思いません。

フリマのやりとりなどで起こりがちなトラブルも、

こちらがマナーに反したことをしなければ

皆無と言えます。

寄付すると心が充たされるような気がします

特に寄付好きでもボランティア好きでもありませんが、

今回不要品を送料を支払ってNPO団体であるワールドギフトさんに送ったこと、

しかもリピートしたことについては「心の充足感」があると思います。

社会のために役立ったとかそこまで大きなものではありませんが、

自分が不要になった資源を「喜んで使ってくれる人が居る」

というのは嬉しいことです。

不要品が置いてあるスペースの家賃がもったいない?

また、ミニマリストや経済系ユーチューバーなどが良く言っているセリフ

「不要品が置いてあるスペースにも家賃がかかっている説」

はわたしにはあまりピンと来ておらず、言い換えるなら

「不要品をどかして掃除するイライラと時間がもったいない説」

を声高に唱えたいです(笑)

無駄にイライラしたり、頑張らなければならなかったりするのは、

大人になれば自分の工夫で解消できますよね?

 

まとめ

まとめ

「かたづけは祭り」とかのこんまりさんも話すように、

大々的に処分してきちんと片付いた空間をつくることには「気合い」が必要です。

でもそんな気力ない、フリマにも疲れた…

という状態(まさにわたしです)になったのなら、

思い切ってNPOなどに寄付してしまうことをおすすめします。

よく「お金は使って回せ!」

などと言いますが、たんなるストレス解消や私利私欲だけに使っても

それは「散財」であり後悔に終わるかもしれませんので…

無駄遣いは不要品むしろ増えるし

コメント

タイトルとURLをコピーしました